お雛様や五月人形の歴史を簡単にご紹介します。

歴史ある雛人形

ひな祭りの歴史

 ひな祭りの歴史は古く、その起源は平安時代中期にまでさかのぼります。
 その頃の人々は、三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句という、無病息災を願う祓いの行事をしていました。陰陽師を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え、また人形(ひとがた)に自分の災厄を托して海や川に流すのです。その頃、上流の少女たちの間では“ひいな遊び”というものが行われていました。ひいなとはお人形のことです。紙などで作った人形と、御殿や、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、現在の“ままごと遊び”のようなものでしょう。
 長い月日の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のようなひな祭りとなりました。
 上巳の節句が三月三日に定まったのは、室町時代頃のことと言われています。しかし、この頃から安土・桃山時代にかけては、まだひな人形を飾って遊ぶ今のひな祭りとはかけはなれた、祓いの行事の日でした。この日が華やかな女性のお祭りとなるのは、江戸時代からのことです。

五月人形の歴史

五月人形の歴史

 端午の節句は、奈良時代から行われている古い行事です。端午というのは、五月の初めの午(うま)の日という意味です。端午は、奇数の重なることをおめでたいとする考え方から、やがて五月五日に定着しました。
 奈良・平安時代の端午には、災厄を避けるための行事が行われる重要な日でした。
 鎌倉時代には宮廷の端午の行事は衰えましたが、代わって武家の間から、菖蒲を尚武と解し、この日を大切にする気風が生まれ、また、男の子に兜や太刀を贈ったりしました。民間でもこの頃から、菖蒲湯、菖蒲酒、菖蒲枕など、菖蒲に関する風習が盛んとなりました。
 江戸時代、武家社会に入ると、端午は幕府の重要な式日となり、大名や旗本は染帷子(そめかたびら)の式服で江戸城に出仕し、将軍にお祝いを述べました。また、将軍に世継ぎが生まれると、城中にたくさんののぼりや作り物の槍、薙刀、兜などを立てて盛大にこれを祝いました。民間でも、こうした武士の気風をまねて、初節句には厚紙でこしらえた大きな作り物の兜などを屋外に飾りました。
 こうして端午の節句は武家のみならず民間にまで広がり、男の子の誕生を祝う日となったのです。

大切なお人形は丁寧に

お人形の保存方法

●湿気・乾燥に気をつけましょう。飾るときは、直射日光やエアコンの暖房の風が当らない場所に飾って下さい。
●ホコリやゴミは丁寧に落としてください。顔のくもり、衣裳の褪色の原因となります。
●汚れや傷からの保護のため、柔らかい布や紙で頭を軽く包んでください。胴体のほうも柔かい紙でおおってチリのかからないようにします。
●人形を紙などでくるむときに、強すぎると型くずれする原因になるので注意します。
●年に一度、十月ごろのよく晴れた日にカラッとした風にあてて虫干しをして下さい。
○五月人形の場合は
五月人形は金具部分が多く使用されていますので、サビやすいものです。素手で金色の部分をさわらないように注意が必要です。万一、汗などがついてしまった時は、乾いたやわらかい布でよくぬぐい取りましょう。